• ホーム
  • 婦人科形成について
  • 診療科目
  • クリニック案内
  • よくある質問
  • 料金表
電話する メール相談・カウンセリング予約
  1. 婦人科形成トップ > 
  2. 処女膜強靭症

処女膜強靭症

硬い処女膜が性交痛の原因かもしれません。

処女膜は、膣の入口にある粘膜のヒダで、とても柔らかく薄いもので、形や大きさには個人差があります。初めての性交渉で簡単に破れますが、痛みや出血を伴う方もいます。非常に柔らかい処女膜の場合は、出血しないケースもあります。一方で、生まれつき膜が厚くて堅い方は、強い痛みがあり性交渉ができなかったり、性交渉の度に痛みを伴います。このような症状を「処女膜強靭症」といいます。処女膜強靭症は先天的な症状で、「処女膜切開術」で処女膜を切除し治療することができます。性交渉の経験が少ないから痛むなどの間違った認識をもたれることもあります。気になる方は当院へご相談ください。

こんな方におすすめします

性交時に痛みがある。
性交時に出血がある。

処女膜切開術

先天的な症状である処女膜強靭症の治療法は、『処女膜切開術』です。硬い処女膜を切開し、痛みの原因となっているツッパリを取り除く施術です。施術時間は約60分程度です。施術後1ヶ月程度で性交時の痛みが少なくなります。

施術について

所要時間 30〜60分
麻酔方法 局所麻酔
※ご希望に応じて笑気ガス麻酔を追加することができます。
シャワー 当日から可能です。
入浴 施術後1週間より可能です。
性交渉 施術後1ヶ月は禁止です。
通院 基本的に必要なし(ご希望により検診可能)

院長からの一言

原稿をご用意ください。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

施術の流れ

カウンセリング・診察

女性カウンセラーが担当いたします。診察、カウンセリングを行い、患者様に適した治療方法をご提案いたします。
わからないことや不安なことは、時間をかけてお伺いします。

施術

まず局所麻酔をします。処女膜だけ丁寧に切除します。
膣の粘膜を少しつまんで縫い合わせていきます

施術後

日帰りの施術が可能です。当日歩いてお帰りいただけます。 /dt>

アフターケア

施術後に腫れや痛みが生じた場合はすぐにお電話をください。必要に応じてご来院いただき診察いたします。他にも気になる事があれば、お気軽にご相談ください。

よくある質問

20代半ばです。性交時、いつも痛みがあり、その痛みに耐えられません。何か治療法はありますか?
性交時の痛みの原因は様々で診察してみなければはっきりとした原因はわかりませんが、パートナーが変わっても毎回強い痛みを感じたり、スムーズな挿入が出来ない場合は処女膜強靭症の疑いがあります。手術を受ける事で痛みの原因を取り除きますので、症状を軽減することが可能です。 福岡博多駅前通中央クリニックでは形成専門医の医師が手術を担当しますのでご安心ください。
処女膜強靭症の手術は痛いですか?
手術は局所麻酔を使用しますので治療中の痛みはほとんどありません。 完全無痛での手術をご希望の場合はリラックス麻酔(マスク麻酔)や表面麻酔を併用する事も可能です。 治療時間は約30分〜60分程度で終了しますが、治療後はベットで休憩されてからのご帰宅となります。 治療翌日まで少し痛みを感じる事もありますが、痛み止めを処方しますのでご安心ください。
処女膜強靭症の場合、治療後性交時の痛みはとれますか?
厚く堅い処女膜を取り除く事で、痛みの原因となっていたつっぱり感が緩和されますので痛みは軽減されます。性交渉は手術後約1ヶ月後から可能ですが、一時的に違和感を感じたり軽度の痛みを感じる事がありますが少しずつ改善してきます。

料金表

施術内容 料金 備考
処女膜強靭症 200,000~300,000円※ ※治療費は診察により異なります。

※料金に【※】印がある治療には下記料金のどちらかが別途必要です。

◎局所麻酔・処置代・お薬代として30,000円/マスク麻酔代・処置代・お薬代としてとして50,000円

アクセス

福岡博多駅前通中央クリニック福岡県福岡市博多区祇園町4−13
博多ゼネラルビル6階 博多駅より 徒歩8分
地下鉄「祇園駅」より徒歩3分
キャナルシティ博多より徒歩1分

GoogleMapで見る

  • 無料メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP