• ホーム
  • 婦人科形成について
  • 診療科目
  • クリニック案内
  • よくある質問
  • 料金表
電話する メール相談・カウンセリング予約
  1. 婦人科形成トップ > 
  2. 小陰唇縮小術

小陰唇縮小術

デリケートゾーンのお悩みの大半が「小陰唇肥大」です

女性のデリケートゾーンのお悩みで一番多いのが「小陰唇肥大」です。小陰唇が大きくはみ出すぐらいに肥大していたり、左右の大きさのバランスが悪いなど、お悩みは様々です。小陰唇縮小術は、肥大している部分を小さく縮小することによって、形を整えたり、左右のバランスを整えたりすることができる施術です。局所麻酔を使いながら行いますが、痛みが心配な方は笑気ガス麻酔を使用したり、静脈麻酔で眠っている間に行う手術も選択することができます。

※笑気ガス麻酔・静脈麻酔は別途費用

こんな方におすすめします

小陰唇が大陰唇からはみ出ている。
小陰唇のしわが目立ち、色が黒ずんでいる。
小陰唇の左右の形や大きさが違う。
小陰唇が大きすぎて下着などに擦れて痛い。

当院の小陰唇縮小術は綺麗な自然な仕上がりで傷がわかりにくい!

ほとんどの医院で行われている小陰唇縮小術は、断面を平にカットするのが主流です。そのため縫合部分が分厚く、不自然さが残る場合があります。当院では断面をV字型にカットし縫合することで、より自然な仕上がりにすることが可能です。

施術について

所要時間 40分~60分
麻酔方法 局所麻酔 ※ご希望に応じて笑気ガス麻酔を追加することができます。
圧迫 施術後に生理用ナプキンを使っていただきます。
シャワー 翌日から可能です。
入浴 術後1週間より可能です。
性交渉 術後1ヶ月より可能です。
通院 基本的に必要ありません。(ご希望があれば検診も可能です)

院長からの一言

小陰唇の大きさが気になる、左右で大きさが違う、下着に擦れて痛みを感じるなど、女性のデリケートな相談が多く寄せられています。お一人で悩んでいないで、是非当院へご相談ください。女性カウンセラーが状態を診察し、解決法をご提案いたします。手術は日帰り、短時間で、傷痕も目立たない仕上がりになります。

施術の流れ

カウンセリング・診察

女性カウンセラーが担当いたします。診察、カウンセリングを行い、患者様に適した治療方法をご提案いたします。
わからないことや不安なことは、時間をかけてお伺いします。

施術

まず局所麻酔をしてから、はみだした余分な部分を切除し、縫合します。

施術後

日帰りの施術が可能です。当日歩いてお帰りいただけます。
翌日からシャワー浴は可能です。

術後検診

特にございません。体内で溶ける糸で縫合しますので、抜糸の必要もありません。

アフターケア

施術後に腫れや痛みが生じた場合はすぐにお電話をください。必要に応じてご来院いただき診察いたします。
他にも気になる事があれば、お気軽にご相談ください。

よくある質問

術後は腫れますか?
腫れます。腫れのピークは2~3日程度で、その後、徐々に落ち着きますので心配ありません。
傷痕は目立ちますか?
小陰唇の傷痕は、時間が経過すれば目立たなくなり、最終的には綺麗な状態に落ち着きます。
術後の痛みはどれぐらいですか?
痛みは個人差がありますが、鎮痛剤(処方いたします)で、十分にカバーできる範囲の痛みです。
運動しても大丈夫ですか?
術後、最低1ヶ月間は運動は控えていただきます。
出産への影響はありますか?
特にございせん。

料金表

施術内容 料金 備考
小陰唇縮小術 片側 80,000円※ ※抜糸式は別途30,000円が必要です。
両方 150.000円※

※料金に【※】印がある治療には下記料金のどちらかが別途必要です。
◎局所麻酔・処置代・お薬代として30,000円/マスク麻酔代・処置代・お薬代としてとして50,000円

アクセス

福岡博多駅前通中央クリニック福岡県福岡市博多区祇園町4−13
博多ゼネラルビル6階 博多駅より 徒歩8分
地下鉄「祇園駅」より徒歩3分
キャナルシティ博多より徒歩1分

GoogleMapで見る

  • 無料メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP